ウィズコロナで考える【新入社員研修会】のオンライン化と懇親会の必要性~各宅配送可能なフードで実現する新しい会食~

会議・展示会, 料理・飲物, 新着情報

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けてテレワークや在宅ワークへの急速な移行が行われ、新入社員研修においても密を避けるためにオンライン形式に切り替えた企業が多くなりました。今年に入っても新型コロナウイルス終息の気配が見えない中、引き続きオンラインで新人研修を行う企業もますます増えてくると予想されます。

 

オンラインで行うメリットとしては、オフライン時より、一人ひとりの表情が確認でき、細かい表情の動きなどが確認しやすい事や、コロナ禍での移動のストレス軽減など多方面でメリットがありますが、一体感や集中力の低下などデメリットの側面もあります。

従来の研修会では研修後懇親会を行うことで、先輩方とリアルな意見交換をおこなったり、新入社員同士で交流を深めることができましたがウィズコロナの中、オフィシャルな懇親会が軒並み中止になっているため実施するにはまだまだハードルが高いと思います。

 

弊社ではオンライン研修会やリモート会議でも使い勝手が良い新しいメニュープランを開発致しました。

その名もINDIVIDUAL MENU ONLINE SUPPORT PACKです。

詳しくはコチラ

 

 

新入社員のご自宅まで各宅配送可能なプランになっており、研修会前日にお届けいたします。

みんなで同じものを食べ、好きな事を語り合う時間はビジネスにおいても大変重要な事だと思います。相手がどのように考えて何に興味を示すのか、お互いに理解を重ねていくうちにチームビルディングが強固なものになり普段の業務も円滑に回るようになります。

 

何気ない相談や、雑談は研修中や仕事中は話しづらいと考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

自分自身は常にオープンで部下の話も常日頃から聞いているから大丈夫とお考えの方も多いと思いますが、入りたての新人は緊張で自分の気持ちを話しづらいと思っているかもしれません。

 

私自身の失敗談でもありますが、

昨今では【会社の飲み会行きたくない問題】などもあり、あまり積極的に上司から誘いづらい側面も確かにあると思います。合わせてパワハラやモラハラなどの社会問題もあり、お互いが気を使ってしまうケースは多いと思います。

ランチタイムや休憩中に雑談をしていたつもりでも、お酒を飲みながら話をしてみると、自分が思ってもみない事に悩みを抱えていたり、不満があったりと気づかされる点が沢山ありました。過度の飲み会は嫌がられる傾向にはありますが、フランクな状況で懇親の場を作っていくのは大変重要なことだと改めて考えさせられました。

新入社員研修会に限らず、、、、、

リモートワーク・在宅ワークの普及により、周辺機器のイノベーションも進む中、リモートワーク導入前と遜色なく仕事ができているという方も増えてきていると思います。

しかし、リモートワークにより大きく減ってしまったのが、社内での交流の機会だと思います。コロナ感染リスクを回避するため、社員旅行や社内イベント、表彰会、懇親会など、毎年行っているイベントがなくなってしまった企業が多いと思います。

 

社員が同じ体験を共有する交流イベントは、社員のコミュニケーション向上やモチベーションアップにつながる大切な行事です。このコロナ禍の状況を乗り切るために時代に合わせた懇親会の必要性は必ず出てくると思います。

 

オンラインという状況で社内交流をするのは難しいとお思いかもしれません。先ずは部署内や支店ごとなど少人数の単位からスタートしてみて反応を見てみるのも面白いかもしれません。

慣れてきますと、普段は会えないような地方の工場や支店とも交流を深めることが容易にでき、思っている以上のシナジーを生み出すこともあると思います。

 

新メニューではより多くの方にご満足いただけますように開発の段階では、何度も社内試食を重ねて、外部からの意見なども参考に調整を重ねて参りました。

ボリューム、美味しさともに満足いただける内容になっておりますのでこの機会に是非弊社のINDIVIDUAL MENU ONLINE SUPPORT PACKをご利用ください。




 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧