【高カカオチョコレート】の健康効果

料理・飲物, 新着情報

チョコレートの中でも、カカオが多く含まれている高カカオチョコレートですが、美容や健康に良い効果が期待できるため、食べている人、食べてみようと思っている人もいると思います。

しかし、カカオ含有量の多いチョコレートを食べる際には、注意点があります。

今回は、高カカオチョコレートの効果と注意点についてご紹介します。

 

 

高カカオチョコレートとは?

チョコレートの主原料は、カカオマス・カカオバター・砂糖・乳製品です。通常のチョコレートは、カカオが30〜40%含まれています。高カカオチョコレートは、70%以上を含んだビターチョコレートを指しています。

カカオに含まれているカカオポリフェノールによる多くの効果が注目され、高カカオチョコレートの人気が高まっています。

 

 

高カカオチョコレートで期待できる効果は?

便秘改善

カカオに含まれているカカオプロテインは、難消化性たんぱく質のため小腸で吸収されずに大腸に届き、便のカサを増やすため排泄を促していくれます。

また、ルイジアナ州立大学の研究によると、カカオポリフェノールは腸内細菌のエサになっていると発表をしています。

 

美肌効果

高カカオチョコレートには、カカオポリフェノールが多く含まれています。

カカオポリフェノールには、抗酸化作用があり老化の原因となる活性酸素を抑制する働きがあります。そのため、アンチエイジングや美肌効果が期待できます。

 

ストレス緩和

カカオポリフェノールには、心的ストレスの抵抗力を上げる働きがあることが分かっています。

 

血圧の低下

カカオポリフェノールの作用によって、血管の炎症が軽減されます。そのため、血圧の低下に繋がるとされています。

 

動脈硬化の予防

カカオポリフェノールの作用により血流が改善されるため、動脈硬化や脳卒中の予防が期待されています。

 

アレルギーの予防

カカオポリフェノールが、アレルギーの原因となるものを抑えアレルギー予防の効果が期待できます。

 

 

 

高カカオチョコレートを食べる際の注意点

高カカオチョコレートには、カカオポリフェノールなどによる様々な効果が期待できますが、食べる際には注意も必要です。

主に以下の3点が指摘されているので、間食で適量を摂取するようにしましょう。

脂質が多く高カロリー

高カカオチョコレートは、カカオの含有量が多いため、脂質も多くなっています。その脂質は、通常のチョコレートに比較すると1.2〜1.5倍になっているようです。

そのため、高カカオチョコレートは糖質は低くなっていますが脂質が多くなっているため、カロリーは通常のチョコレートと同等になっています。

 

テオブロミンやカフェインが多い

高カカオチョコレートには、テオブロミンやカフェインが多く含まれています。

これは通常のチョコレートに比べ、テオブロミンとカフェイン共に約2〜4倍以上となっています。カカオ含有量が多いほど、テオブロミンやカフェイン量も多くなります。

テオブロミンやカフェインは摂り過ぎると、不眠や頭痛を招く可能性がある成分です。

 

ニッケルとアレルギー

高カカオチョコレートのニッケル含有量は100gあたり300〜590μgとなっています。

これは通常のチョコレートに比べ約2〜4倍です。ニッケルは金属アレルギー物質として症例報告があり、口にすることでアレルギー症状が出る可能性もあるようです。

 

 

高カカオチョコレートの摂取量は?

どのような食べ物にもいえますが、カラダに良い成分が含まれているからと、たくさんの量を食べることは問題があります。

高カカオチョコレートを食べる場合、1日に25〜30g程度を目安にしましょう。

1個5g程度のものなら5〜6個程度です。この量なら摂取カロリーは150〜200kcalですし、脂質の摂り過ぎも避けられるでしょう。また、1日の目標摂取量は1500mgと言われ、25〜30g食べることで約3分の1を摂取できます。

普段の食事からもポリフェノールは摂取できるので、バランスの良い食事と合わせて高カカオチョコレートを食べると良いでしょう。

 

 

まとめ

チョコレートと同じくカカオを使ったココアも、カカオポリフェノールなどの効果が期待できる飲み物です。

高カカオチョコレートは、様々な効果が期待でき、コンビニでも購入できるものです。その特徴を理解して、適量を摂取するようにしましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧