ワイン談義(1)ブルゴーニュ地方
~あの「ロマネ・コンティ」も!~

料理・飲物

ブルゴーニュ地方はボルドー地方と双璧をなすワインの名産地です。
世界中のワイン愛好家に好まれる有名なワイン畑が入り組んで広がっています。

 

ブルゴーニュ地方の歴史。


古くは教会や修道僧の方々がぶどうを栽培しておりましたがナポレオンによってブドウ畑が細分化され<ナポレオン法典により均等相続が明文化されたことも一因>有名なすばらしい畑でも所有者が複数人いることも珍しくありません。

もちろん例外もあり単独所有の畑(モノポール)もありますが分割所有が一般化しています。
なので、
同じ畑でも区画の所有者(生産者)ごとにクオリティに差が出てきます。

生産者の中でも、
すばらしい働きをする方もいれば、
畑の名前に過信して上手くポテンシャルを生かせない方もいらっしゃいます(サボり癖がある方など)。

土壌、天候、生産者のバランスがかみ合ったワインの感動は言葉にならない至福の時間です。

ブルゴーニュワインでは生産者が大事といわれる所以がわかりますね。

 

 

ブルゴーニュワイン、よく聞くワード。

ブルゴーニュワインには日本人に聞き馴れたワードが多数あると思います。

白ワインはシャブリ、
高級ワインのロマネコンティ、
ボージョレヌーヴォーなども
ブルゴーニュ地方のワインです。

この地方のワインは
ボルドー地方とは異なり基本的に単一品種のぶどうから作られるのが特徴です。

単一品種だから味わいに奥行きがないわけではなく、
土壌や製造者の違いにより個性豊かなワインが多いです。

 

 

ブルゴーニュ「シャルドネの故郷」とは。


筆者自身は、
サンヴェラン村のワインに思い出があり時々思い返しては愛飲しております。

その村があるマコネ地区では
シャルドネ村が現存することからシャルドネの故郷とも言われており
比較的リーズナブルなポテンシャルの高いワインが多数ありますので
是非お試しください。

 

2ケ月も前から予約するって本当ですか!?

本当です!!
イベントやお祝い事は、暦の良い日に重なります。
そのため、お料理の手配のほかにも飾り花や給仕スタッフの手配など早めに確保されますことをオススメいたします。
幹事さまが成功するための第一歩です!
今すぐお電話を。

メールでお問い合わせ(簡単入力約3分)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧