体にいい油【オメガ3オイル】健康効果の高い食用油

料理・飲物

最近は健康油がブームとも言われていますが、健康な油といっても注意しないといけない点もあります。例えばカロリーです。ほとんどの食用油は、5gでも約46kcalあります。

また、熱に弱い、酸化しやすい等繊細な種類の油もあるので、
保存方法や保存期間に気を付けないと体に悪い油に変わってしまうこともあります。

こちらでは体にいい油として、健康効果の高い食用油を厳選して紹介させていただきます。

 

オメガ3とは?

魚油に含まれているDHAやEPA、エゴマや亜麻種子などの植物油に含まれているα-リノレン酸などの脂肪酸の総称をいいます。

栄養学では健康のために意識して摂るべき必須脂肪酸として位置づけられており、一般的に脂肪になりにくいとされダイエットに効果的な栄養素と言われています。

血流改善やコレステロール値の低下、アレルギー抑制など幅広い効果が期待されています。

そんなオメガ3オイルですが、
具体的にどんな油に含まれているのか調べてみました。

 

 

オメガ3オイルの効果:サチャインチオイル

加熱できるオメガ3オイルとして人気を集め、美肌効果でも人気を集めている「サチャインチオイル」その名の通り、サチャインチという植物の実から作られた油で別名、インカインチオイル、グリーンナッツオイルとも呼ばれています。オメガ3、オメガ6、オメガ9の含有バランスがよく、天然のビタミンEが含まれていることで、健康油としても注目されています。

注目の健康効果は、ダイエット効果と美肌効果が有名ですが、犬の皮膚トラブル、アレルギー改善にも人気の食用油となっています。

サチャインチオイルは熱に強い特徴があるので、とても使いやすい油です。平均的なお値段は、200gで2000円程度となっています。

 

 

オメガ3オイルの効果:えごま油

主にダイエット効果で人気を集めているのが「えごま油」シソ科の植物、えごまの種子から作られた油で、不足しやすい必須脂肪酸、αリノレン酸が豊富に含まれています。注目の健康効果は、ダイエット効果だけでなく、認知症の改善、がん予防、アトピーや花粉症、アレルギー症状の改善効果でも人気の食用油となっています。

えごま油は、熱に弱い特徴があるため、そのまま使うのが基本です。

平均的なお値段は、200gで1000円~2000円程度とばらつきがあり、国産のえごま油は2000円程度と考えておいた方がいいと思います。

 

 

オメガ3オイルの効果:亜麻仁油

えごま油と成分が似ていることで、よく比較されやすいものの、ダイエットや美容効果で女性からの人気が高いのが「亜麻仁油」リネンの生地になる植物、アマの種子から作られた油で、えごま油と同じく、必須脂肪酸のαリノレン酸が豊富に含まれています。

注目の健康効果は、ダイエット、認知症、がん、アトピー、花粉症など、えごま油と同様の効果に加え、女性ホルモンを整える効果もあります。
そのため、生理痛や生理不順、更年期障害で悩む女性にも人気の食用油となっています。

亜麻仁油は、熱に弱い特徴があるため、そのまま使うのが基本です。平均的なお値段は、200gで1000円程度となっていますが、国産の亜麻仁油は6000円以上する商品もあり、とても高価なものもあります。

 

まとめ

調べると他にも色々な種類の食用油がありましたが、ここでは3種類のオイルを抜粋してみました。
あまり聞きなれない食用油ですが、健康効果は抜群のようです。
効果や使い勝手、値段を考慮して、ぜひ自分に合った食用油を選んでみてください。

まずはお電話ください

パーティーのイメージが決まっていない場合でも、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お見積り・ご相談はこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧