これがケータリングメニューの新しいカタチ。コロナ対策のビュッフェパーティーを販売開始。

会議・展示会, 料理・飲物, 新着情報

金子
金子
社員表彰が延期・延期でモチベーションさがるわぁ
いまはコロナのせいで、表彰のみ。

紙1枚もらってもなぁ。。。いや賞金ももらっとるんやろ!?

佐々木
佐々木
金子
金子
でも、みなの前で紹介されるのと・されないじゃ違うよ!
懇親会で旨いもん食べて飲んで、騒いで、必要だもんな
佐々木
佐々木
金子
金子
イェー!!って感じ

次もがんばろう、みたいな

いつまで宴会おあずけやねん?
佐々木
佐々木
金子
金子
コロナじゃなぁ~…..
でもこのまえ、友達が「会社で宴会」やったらしいぜ
佐々木
佐々木
金子
金子
マジ?! 料理も?
ああ、「ビュッフェ」だって言ってた
佐々木
佐々木
金子
金子
それってさぁ、ニュースで言ってた「大皿料理は避けて…..」を

無視したってこと?

おれも気になって、聞いてみた。

コンビにのデザート売場みたいに、1個・1個、パックが

並んでるらしい。。。

佐々木
佐々木
金子
金子
デザートだけ?
いや・いや、そうじゃなくて。

ほら!オードブルっていうの?サラダとか、ハムとか、

エビとか、一人分になって小さなパックに入ってるらしいよ。

佐々木
佐々木
金子
金子
じゃあ、コンビニの総菜売り場を全部買い占めて、オフィスに並べればいいじゃん
それじゃ味気無いやん!普段の昼飯と変わらんわぁ、俺たちの。

パーティー屋さんは、ビュッフェ料理を工夫して、個別パックに盛り付けてるらしいよ。

佐々木
佐々木
金子
金子
面倒クサっ!
「ビュッフェ料理」って見た目が重要だから、ケータリング会社のセンス次第だって言ってた
佐々木
佐々木
金子
金子
パック並べても綺麗に見えるってこと?
そういうこと。
佐々木
佐々木
金子
金子
フタがあって、トングの使いまわしも無し。

感染リスクも確かに低そうだなぁ

でもゴミ増えるぜ、それもプラパックだぜ!環境破壊!
佐々木
佐々木
金子
金子
コロナ被害とどっちがいい?
おおっ!部長に相談だ…「ぶちょーーー社員表彰、復活させましょ!」
佐々木
佐々木

 

コロナで変わった「ケータリング」のスタンダードとは。

厚生労働省より発表された 新しい生活様式『大皿は避けて、料理は個々に』
これを受けてレストラン・ホテル業界は、どこも知恵を絞っております。

以前は……
ビュッフェスタイルの食事は華やかですし、会話も盛り上がります。

思い出してみてください、
家族でホテルに宿泊した時のモーニングや、
社内懇親会(納涼会)・賀詞交歓会など、「ビュッフェスタイル」は人と人をつなぐ、
コミュニケーションの場として大いに役立ってきました。

本格的に新型コロナウィルスが広がった2020年2月以降、
「ビュッフェスタイルのパーティー」は一時的に
世の中から消えてしまいました。

そして「新しい生活様式」のはじまり。

ホームページ上に「コロナ対策」を明記することは、今の時代の標準になりました。

今や「対策」が載ってるのは標準。
それ以上のメッセージ性が無ければ、パーティーに「招待される側」も参加しにくいのではないでしょうか?

イベントを決める担当者様や懇親会の幹事をつとめる あなた様にとって、
今、どのようなお悩みがありますか?

  • 今、招待して大丈夫か?
  • いつまで待ったら大丈夫になるのか?
  • 招待者に納得してもらえるだけの理由づけは何かあるか?
  • 万が一、クラスターが発生した時の対処が想像できない。

もし、このようなお悩みなら解決策の一例として
「貸会場」での宴会をおすすめいたします。

ホテルの宴会場よりも、

  1. 窓が多く、会場内の換気が行き届く。
  2. 招待された側が(気持ちの面で)参加しやすい・行きやすい。
  3. 安価に済ませることが可能。
  4. マスコミのターゲットになりにくい。

などのメリットがあります。

わたしたちはケータリング専業として
コロナ感染拡大防止の「対策」プラス「お客様に寄り添った解決策」を提案いたします。

これが、
コロナで変わった「ケータリング」の、スタンダードであると考えます。

 

 

 

新しカタチの「ビュッフェ」が登場。

大皿料理を避ける・取り分けを避ける(トングなど共有しない)、
これに対応する「ビュッフェ」は もはや「ビュッフェ」ではない!?

そのように思ったかたも居るかもしれません。
しかし、否定するのは早すぎます!

ビュッフェで提供するお料理を、
ひとつ・ひとつの小さなパックに盛り付ける方法を展開いたしました。
「個々盛り」とか「個包装」などの言い回しもございます。

料理人が苦労したことは、「ビュッフェの華やかさ」を維持する点です。
パックに盛り込んで並べる….この発想では、まるでデパ地下の総菜売り場。

お客様は、コロナよりも前の経験から、
頭の中に「パック詰め=惣菜」が潜在意識の中にインプットされてしまってます。

わたしたちケータリング会社が「コロナ対策で!」と場当たり的な発想で個別パックに詰めたとすれば、
それは惣菜売場と変わりません。

わたしたちは料理を創造するプロフェッショナル集団です。

ビュッフェスタイルの本来の華やかさ・伝統を残しつつ、
より安全に、より安心して、パーティーをお楽しみいただけるよう考えました。

わたくしたちは、この新しいブランドに名前をつけました。

【INDIVIDUAL MENU(インディ ヴィデュアル メニュー)】

ちょっと覚えにくい名前かもしれませんが、
「1度で覚えられない名前」という印象は脳裏に焼き付いたのではないでしょうか!?

これが、株式会社コルドンブルーが展開する、
コロナ時代の新しいビュッフェスタイルです。

 

 

 

コロナで変わった昔と今、注文傾向とパーティー実績の報告。

 

コロナ以前。

開催日の2~3ケ月前に打合せ・ご注文を賜ることが多かったです。

もちろん開催するイベント・懇親会の主旨と規模により一概には言えません。
1ケ月前のご依頼もあれば半年前のご依頼もありました。
(わたくしどもは20名様から3,000名様のパーティーまで対応しております)

イベント担当者・幹事様におかれましては、
「時間に余裕をもって」招待状のリストアップや記念品の選定など
万全を期してという意識が強かったです。

 

“with コロナ”になってから。

2020年の3月・4月ご依頼いただいてた、歓送迎会をはじめ、キックオフミーティング、竣工式、懇親会などは、
全てキャンセル、もしくは“期日未定”の延期となりました。

「数か月先が、どうなってるかなんて、正直誰にもわかりません」

この事から、以前とは違て
短期間で計画から実施まで行う必要性が生まれました。

例年開催してた行事日程を変更するにも、
実際のところ日程をずらせない場合もあるかと思います。

コロナ感染が少しでも落ち着いてる期間に、即実施することが必要です。
そのためには、対応できる業者選定がポイントになってきます。

また、打合せ形態も変わってきました。
「ご都合のよろしいお時間に伺います」は減少しました。

大手企業の中には、連日テレワーク・在宅勤務の方もいらっしゃいます。
そうした方々とスムーズに打合せが出来ることが必要条件となりました。

 

パーティー実績の報告

2020年7月
【INDIVIDUAL MENU(インディ ヴィデュアル メニュー)】を使ったパーティーのお手伝いをしました。

 

 

 

コロナ時代のケータリング、まとめ。

「今だ!」と思った瞬間に開催しなければ、コロナによって次の開催チャンスはいつ来るかわかりません。
商談会や、社員表彰式・懇親会など、「今」のチャンスを逃すと、
それは機会損失につながるかもしれません。

わたくしどもは、ZOOMを使ったお打ち合わせも準備が整っております。
もちろん、電話やメールでのやり取りも可能です。

お客様第一主義、幹事のあなた様へ寄り添った解決策をご提案させていただきます。

PS.
他のお客様とパーティー開催日が重なってしまったときには御免なさい。
先着順でご対応させていただいております。

 

 

2ケ月も前から予約するって本当ですか!?

本当です!!
イベントやお祝い事は、暦の良い日に重なります。
そのため、お料理の手配のほかにも飾り花や給仕スタッフの手配など早めに確保されますことをオススメいたします。
幹事さまが成功するための第一歩です!
今すぐお電話を。

メールでお問い合わせ(簡単入力約3分)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧