一石○鳥!?ベランダ菜園の魅力

料理・飲物, 新着情報

バターや小麦粉などがスーパーから無くなっているというニュースを見ましたが、この原因はどうやら自宅で過ごす時間が増え、お菓子つくりをする方が増えたからだという事なのです。
それぞれがご自宅での過ごし方を工夫しながら過ごされているように、筆者も家で楽しめることはないかなと考えベランダ菜園を始めました。
以前あらゆる種類の野菜に手を出し、失敗してしまった過去があるので今回は香草だけに絞って育てることにしました。

現在育てているものは、イタリアンパセリバジルディル大葉の4つです。

イタリアンパセリは香りも味もクセが少なく食べやすいのが特徴で、
サラダやドレッシングだけでなくパスタや煮込み料理など幅広く使える香草です。

実際にイタリアンパセリを使って作った料理がこちら。

名前はなんと会社名と同じ、コルドン・ブルー(Cordon bleu)です。
こちらの料理は、鶏肉(今回は胸肉を使用)を薄く叩き、ハムとチーズを包み油で揚げ焼きします。
パン粉の中にみじん切りしたイタリアンパセリをいれました。
油を使った料理ですがイタリアンパセリのさわやかな風味が相性◎な一品となりました。

 

 

次に紹介するのはディルです。
ディルはとても万能なハーブで、魚料理との相性が抜群と言われています。

そんなディルを使ってまぐろ・新玉ねぎ・甘夏のカルパッチョを作りました。

ここでもイタリアンパセリを刻んでドレッシングに入れています。
ディルは飾りに散らすだけでなくパセリ同様刻んで入れました。
先に、ディルは万能なハーブと書きましたが、ディルは料理を引き立ててくれるだけでなく、胃腸のはたらきを調整する効能があり、消化を助けて胃もたれや腹痛を緩和してくれる効能があると言われています。
おだやかな催眠効果があるため不眠症にも用いられているとも紹介されていました。

摘みたてのハーブは香り高く、それだけでも贅沢に感じますが、何より自分で育てたという思いも相まって、いつもの料理がより美味しく感じられます。

 

タイトルにも繋がりますが、ベランダ菜園を始めてからは毎日の香草の成長が楽しみになり、香草を取り入れた料理作りが楽しくなりました。
何より、香草をスーパーで買おうとすると割高ということもあり、お金の面でも良かったと感じている筆者です。

みなさんもベランダ菜園始めてみてはいかがでしょうか?

 

こちらの記事もオススメです。

お気軽にご相談ください。

日程がまだでも、まずはお電話下さい。ネットには掲載していない事例も豊富に ございます。御社の事情に合わせた、最適なプランを概算価格とともに、 ご説明します。

お見積り・ご相談はこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧